活躍の場が多い薬剤師の仕事

活躍の場が多い薬剤師の仕事

薬剤師は一般の人にも馴染みのある職業です。病院に行くと薬の処方をしてくれますし、ドラッグストアでは薬以外の商品の説明もしてくれます。
誰しも一度は話をしたことがあるのではないでしょうか。薬の専門家、というイメージをもっている人が多いでしょう。
一般の人とかかわりの深いこれらの仕事のほか、薬剤師の資格を持つ人は製薬会社で新しい薬の研究開発をしたり、学校で衛生管理をしたりもしています。
薬の知識は広い範囲で世の中に役立てることができます。
そんなやりがいの多い仕事に就くことができる薬剤師の資格を取るには、6年制の大学で薬学の勉強をしなければなりません。
6年間薬の勉強をした後、ようやく薬剤師になるための国家試験を受ける資格が得られます。
そして試験に合格して初めて薬剤師となります。
短大や専門学校などで薬学部のある学校もありますが、これらは薬の知識を身につけるには有効ですが、国家試験を受ける資格は得られません。
薬剤師の資格を得たいなら、6年制の大学に行く必要があります。
以前は4年制の大学を出れば受験資格を得られましたが、現在は6年制になっています。それだけ医療現場で求められる役割が大きくなっていると言えるでしょ う。
現在、第1類の医薬品を扱っていない薬局、ドラッグストアでは、登録販売者がいれば薬の販売ができることになっています。
このため薬局やドラッグストアの中にも薬剤師のいないお店があります。これらのお店では調剤は行えません。


関連情報

↑ PAGE TOP