薬剤師になるまで

薬剤師になるまで

薬剤師とは国家資格の1つで、薬のプロフェッショナルです。ここでは薬剤師になるまでに必要なことに関して説明します。
まず薬剤師になるためには薬学部に入学、卒業する必要があります。薬学部は国公立、私立ともに存在し、国公立は最難関の学部の1つとなっています。
私立大学では東京理科大学など高難易度の大学もあれば、第一薬科大学など比較的入学しやすい大学も存在します。
現在は薬剤師の国家試験を受験するためには6年制の薬学部過程を卒業する必要があります。薬学部の中には国公立大学を中心に4年制のものも存在しますが、 これは薬剤師養成課程ではなく、薬学関連の研究職等を目指す過程となっています。
しかし例外的に4年制でも大学院進学等を利用して、国家試験の受験資格を得ることができます。
6年制の過程の場合には5年制進学の際にはCBTという学力試験やOSCEという実技試験に合格する必要があります。
そして多くの私立大学では6年生で卒業試験を受けることとなります。
この卒業試験に合格しなければ大学を卒業することができず、つまり国家試験の受験資格も得ることができません。
無事に卒業試験を突破したら、卒業年度の3月に国家試験を受験することとなります。
この国家試験に合格し、薬剤師免許の申請をすることによってはじめて薬剤師となることができるのです。
国家試験の合格率は70%程度となっており、近年は難易度がやや難化傾向となってきています。


関連情報

↑ PAGE TOP